先頭へ
先頭へ
電子状態計算|TaSe2電荷密度波

代表取締役ご挨拶

株式会社アスムスは、文部科学省ITプログラム「イノベーション基盤シミュレーションソフトウェアの研究開発」プロジェクトのなかで東京大学生産技術研究所ならびに物質・材料研究機構を中心として開発されたナノデバイスシミュレーションシステム「PHASE SYSTEM」を広く普及させることを志し、2012年1月11日に設立されました。 アスムスは、Atomic-Scale Material Simulationsを省略したASMSをその名の由来とし、原子レベルでの材料シミュレーションを専門に取り扱う企業です。

アスムスの使命

材料シミュレーションを実施する際には、計算理論の適用限界を見極め、計算対象を正しくモデル化するなど、高い技術力ならびに経験が要求されます。わが社は、この「技術力」と「経験」を有する人材を擁しており、お客様のご興味や解析目的に応じた最適な受託解析をご提案します。

また、材料シミュレーション技術が集約されたパッケージソフトウェアを、技術者・研究者の方々に使いやすい形でご提供します。

お客様からのご要望があれば、コンサルティングや関連するプログラム開発まで含めて、材料シミュレーションに関する統合サービスを提供いたします。

材料シミュレーション技術の発展に向けて

専門分野の先生方および研究者の方々のご指導を仰ぎながら、材料シミュレーション技術の進歩に追随して、適切な技術をご提供し続けます。常にアップデートされた材料シミュレーション技術をご提供することを通じて、同技術の普及、ひいては技術者の育成に貢献してまいります。

株式会社アスムス 代表取締役
代表取締役 宇佐見 護