先頭へ
先頭へ

matelierは材料開発の効率化に貢献します!
「第一原理バンド計算活用セミナー」開催のお知らせ

本セミナーは終了しました。最新の情報は下記よりご覧ください。
□材料シミュレーションセミナー・ワークショップ一覧へ

平成29年5月吉日
株式会社アスムス
代表取締役 宇佐見護

拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格段のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

この度、材料開発の効率化に貢献する「第一原理バンド計算活用セミナー」を開催いたしますので下記の通りご案内申し上げます。

第一原理バンド計算PHASE/0は高い計算精度と適度な計算負荷をバランスさせた実用的な電子状態計算ソフトウェアであり、豊富な利用実績がございます。その中から今回は、PHASE/0による問題解決の実例をお客様ご自身がご講演下さいます。「水素センサー動作解析」では、現象の本質を抽出したモデル作成に成功し、解析目的を達成しました。また「テラヘルツ分光データ解析」では、ビタミンCやアミノ酸の結晶に対しても第一原理バンド計算が有用であることが示されます。PHASE/0が幅広い分野で役立つ様子を実感いただけることでしょう。

当社は設立以来、PHASE/0を販売するとともに、その開発に参画してまいりました。さらにその経験を活かして、PHASE/0を中核とする材料開発のための統合環境「原子スケール材料シミュレータmatelier」を開発整備しております。本セミナーではPHASE/0活用事例を中心に、matelierとその関連サービスの最新情報をご紹介いたします。電子状態計算が初めての方にもわかりやすく、理論から代表的な活用事例までご紹介いたします。

PHASE/0が有益なソフトウェアであることは利用実績が示す通りですが、材料シミュレーションで取り扱う課題は多岐にわたるため、PHASE/0単体では全てを網羅できないことも事実です。そこで当社ではPHASE/0の不得意領域を補うことを目的として、他のソフトウェアの併用を推進しております。本セミナーでは、新たにご提供するサービスである「全電子計算」「磁気共鳴」をご紹介します。

セミナー終了後、個別相談のお時間もございます。
電子状態計算にご興味のある方、お手元の実験結果の解釈でお悩みの方、ぜひこの機会にご参加ください。

敬具

開催概要

日  時:2017年7月6日(木)13時20分から16時45分まで(受付開始:12時45分)
会  場: アイオス五反田会議室(アクセス
定  員:40名 ※ご好評につき増枠いたしました
主  催:株式会社アスムス
参 加 費:無料(事前登録が必要です)
お申込み方法:お名前とご所属をメールまたはセミナー申込みフォームよりお知らせください。
ベンダー様につきましては参加をお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承願います。
参加対象者:
  • 物質材料の研究開発・設計、および支援を行う方
  • 第一原理バンド計算の活用事例にご興味のある方
  • XANESや磁気共鳴の測定結果の解釈でお悩みの方
  • その他、電子状態計算をはじめてみたいと思っていらっしゃる方

本セミナーは終了しました。最新の情報は下記よりご覧ください。
□材料シミュレーションセミナー・ワークショップ一覧へ

プログラム

時間内容
12:45~13:20 受付
13:20~13:30 主催者挨拶
13:30~13:55
第一原理バンド計算PHASE/0基本機能
当社主力商品である第一原理バンド計算PHASE/0を紹介します。
電子状態計算の概要とともに、この後のお客様ご講演に登場する計算機能を説明します。

代表取締役 宇佐見 護

13:55~14:15
【お客様ご講演】PHASE/0による半導体水素センサー動作解析

国立研究開発法人物質・材料研究機構 主幹研究員 色川 芳宏 様

14:15~14:45
【お客様ご講演】PHASE/0によるテラヘルツ分光データ解析

日邦プレシジョン株式会社 テラヘルツプロジェクトサブリーダー 岩本 敏志 様

14:45~14:55 休憩
14:55~15:35
原子スケール材料シミュレータmatelierと関連サービスのご紹介
前回(2015年6月開催)のmatelier紹介セミナー からの進展を中心に、最新情報をお伝えします。

代表取締役 宇佐見 護

15:35~16:05
第一原理全電子計算とX線スペクトロスコピー
全電子計算法は、PHASE/0の擬ポテンシャル法と異なり、内殻を含む全ての電子を解析対象とします。その活用例を、X線スペクトロスコピーを中心に紹介します。併せて、X線スペクトロスコピーに関する他のシミュレーションを紹介します。

技術部 主任研究員 田上 勝規

16:05~16:35
第一原理計算Quantum ESPRESSOによる磁気共鳴解析サービス
第一原理電子状態計算結果から、磁気共鳴現象を解析できます。核磁気共鳴(NMR)の化学シフトを利用した構造解析、電子スピン共鳴(ESR, EPR)の超微細構造を利用した半導体中の点欠陥解析など、代表的な活用例を紹介します。

代表取締役 宇佐見 護

16:35~16:45 閉会の挨拶
16:45~ Q&Aならびに個別相談

※ 閉会後、お手持ちの技術課題に対する個別相談(無料)を承ります。
※ プログラムは都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

セミナー会場

本社隣のビル、アイオス五反田 2階です。
会 場 東京都品川区東五反田1-10-7  アイオス五反田2階 会議室  
アスムスアクセス

お問い合わせ先

メール:info@asms.co.jp
電話:03-6450-2531

製品について

株式会社アスムスは、材料シミュレーション技術が集約された原子スケール材料シミュレータ「matelier」を、技術者・研究者の方々に使いやすい形でご提供いたします。サポートサービスに力を入れておりますので、初めて材料シミュレーションに取り組むお客様にも安心してご利用いただいています。現在、「matelier」で電子状態計算を行う第一原理バンド計算ソフト「PHASE/0」をご利用いただけます。
PDF資料「第一原理バンド計算ソフトウェアPHASE/0」
「第一原理バンド計算ソフトウェアPHASE/0」

下記より製品資料をダウンロードいただけます

ナノ材料シミュレーション PDF資料ダウンロードへ


ナノ材料シミュレーション お問い合わせ ナノ材料シミュレーションソフト「PHASE/0」製品情報へ