先頭へ
先頭へ

材料解析コンサルティング

材料シミュレーションで有益な結果を得るためには、技術課題の本質を見極めてモデル化するとともに、適切な解析手法を選択することが重要です。高い専門性と長年の経験を有する弊社の技術者が、この作業をお手伝いします。
計算可能な物理量と必要となるであろう計算精度を考慮しながら、ターンアラウンドタイムとご予算に合わせて、最適な解析ソフトウェアならびに計算機環境をご提案いたします。


大規模計算機(スーパーコンピュータ)利用支援

第一原理バンド計算PHASE/0を大規模計算機でご利用いただけます。
複雑な技術課題の解析には、大規模計算機が必要になる場面がありますが、材料開発に取り組む技術者・研究者の皆様の中には、そのような計算機環境に馴染みのない方がいらっしゃることでしょう。
利用可能な計算機として、スーパーコンピュータ(スパコン)はもちろんのこと、現在は時間貸しのクラウド環境も充実しています。
弊社はそのような計算機での、シミュレーションソフトウェア利用を支援しています。

本格的な材料シミュレーションでは並列計算実行が必須ですが、不慣れな方にとっては並列計算の実行方法(多くの場合、計算機システム毎に異なります)を理解するだけでも大変です。まして、初めて利用するソフトウェアについては、テスト計算が正しく動作しているのか確認することさえ容易ではありません。
このような作業は、経験豊富な弊社技術者にお任せ下さい。

公的機関が所有するスパコンの一部では、産業利用も認められています。
弊社技術者が利用経験を有する代表的な大規模計算機を以下にご紹介します。

FOCUSスパコンのご紹介

公益財団法人 計算科学振興財団(FOCUS)様が所有されるスパコンが、産業利用に広く門戸を開いています。
原子スケール材料シミュレータmatelierの動作実績がございます。

スーパーコンピュータ「京」

一般財団法人 高度情報科学技術研究機構(RIST)様が管理されるスパコン「京」が、産業界を含め、多様な分野の研究者等に対して、利用機会を提供しています。
第一原理バンド計算PHASE/0の動作実績がございます。

ナノ材料シミュレーション お問い合わせ



解析ソフトウェア利用支援

弊社ソフトウェアmatelier、PHASE/0はもちろんのこと、オープンソースソルバーやお客様がライセンスをお持ちの商用ソフトウェア(弊社社員の利用が許可されている場合に限ります)を利用しての解析支援も承ります。
オープンソース運動の盛り上がりもあって、世の中には優秀な材料シミュレーションソフトウェアが沢山あります。これらを使いこなす、すなわち適切に使い分けるためには、ソフトウェアの利用経験が不可欠であり、弊社技術者はこの道のプロフェッショナルとして、各ソフトウェアの特徴を把握すべく、実際に利用して日々研鑽を積んでいます。
コンサルティングサービスでは、弊社が有する材料シミュレーションの知見を、使い方のコツ等も含めて、惜しみなくお伝えします。
お客様の技術課題に特化した利用マニュアル整備やソフトウェアのカスタマイズもお任せください。

またmatelier、PHASE/0をお使いのお客様には、弊社ソフトウェアの標準的な利用サポートの範疇を超える、個別の課題に踏み込んだ解析支援をご提供しております。

その他、多数の解析ケースの実行と結果のまとめなど、難しくはないけれども手間がかかる作業の代行も承ります。
詳細はお気軽にお問い合わせください。

ナノ材料シミュレーション お問い合わせ



材料シミュレーション解析コンサルティングのご依頼について

まずは お問い合せ よりご相談ください。ご要望をお伺いいたしまして御見積もりいたします。

ナノ材料シミュレーション お問い合わせ


原子スケール材料シミュレータ「matelier」

材料シミュレーション技術が集約された原子スケール材料シミュレータ「matelier」を、技術者・研究者の方々に使いやすい形でご提供いたします。サポートサービスに力を入れておりますので、初めて材料シミュレーションに取り組むお客様にも安心してご利用いただいています。現在、「matelier」で、電子状態計算を行う、第一原理バンド計算ソフトウェア「PHASE/0」をご利用いただけます。

ナノ材料シミュレーション お問い合わせ 電子状態計算ソフト|ナノ材料シミュレーション「PHASE/0」製品情報へ

第一原理擬ポテンシャルバンド計算「PHASE/0」

PHASE/0は、平面波基底を採用した密度汎関数法による第一原理擬ポテンシャルバンド計算ソフトウェアです。

PDF資料「第一原理バンド計算ソフトウェアPHASE/0」
[PHASE/0カタログ]

第一原理計算では量子力学に則って物質の電子状態を求めますので、精密な解析が可能です。計算に際して、実験結果に基づくパラメータは必要ありません。実験結果の解釈や、新規材料の物性値予測にもご活用いただけます。

基本機能: エネルギー / スピン分極 / 状態密度 / 原子に作用する力 / 格子に作用する応力
 実空間量: 安定な原子配置 / 電荷密度分布
 波数空間量: バンド構造図 / フェルミ面(等エネルギー面)
電子状態解析: 局所状態密度 / 射影状態密度
分子動力学: NVTおよびNVE
遷移状態探索: Nudged Elastic Band法
その他: 仕事関数 / 誘電関数(格子系、電子系) / 圧電定数 / STM像 など

ナノ材料シミュレーション PDF資料ダウンロードへ

ナノ材料シミュレーション お問い合わせ ナノ材料シミュレーション「PHASE/0」製品情報へ