株式会社アスムス
先頭へ
先頭へ

matelierは材料開発を加速します!「原子スケールシミュレーション活用セミナー」開催

材料開発を加速する
「原子スケールシミュレーション活用セミナー」

令和元年6月吉日
株式会社アスムス
代表取締役 宇佐見護

拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格段のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

この度、材料開発を加速する「原子スケールシミュレーション活用セミナー」を開催する運びとなりました。当社が開発整備している「原子スケール材料シミュレータmatelier」の概要とその中核ソフトウェアである第一原理擬ポテンシャルバンド計算PHASE/0活用事例を中心に、最新情報をご提供いたします。

お客様からお二方に、第一原理バンド計算を活用した最先端研究をご紹介いただきます。「磁性・スピントロニクス材料の第一原理計算」では、スピン軌道相互作用が起源となる磁気物性(特に結晶磁気異方性と磁気ダンピング)の理論解析についてご説明いただきます。基礎物性として興味深いのはもちろんのこと、デバイス応用が強く意識されている成果です。また「第一原理分子動力学グラフェン成長シミュレーション」では、PHASE/0による大規模第一原理分子動力学計算の結果をご紹介いただきます。実験では観測できない超高速現象をシミュレーションで捉えた成果です。

第一原理バンド計算周辺技術を使いこなすと、材料シミュレーションの適用範囲が拡がります。そこで当社から、強結合近似に基づく伝導計算、古典分子動力学による反応解析などの使用例と併せて、計算入力ファイル作成の補助や、パラメータスタディ等を効率よく遂行するための自動実行に役立つ、Pythonを中心としたツール群の利用方法をご説明します。

材料開発の効率化を図りたい方、実験結果の解釈に手際良くシミュレーションを活用したい方など、原子スケールの材料シミュレーションの活用にご興味のある皆様のご参加をお待ちしております。

敬具

開催概要

日  時:2019年7月31日(水)13時00分から16時45分まで(受付開始:12時30分)
会  場: アイオス五反田会議室(アクセス
定  員:40名
主  催:株式会社アスムス
参 加 費:無料(事前登録が必要です)
お申込み方法:お名前とご所属をメールまたはセミナー申込みフォームよりお知らせください。
ベンダー様につきましては参加をお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承願います。
主な対象者:
  • 第一原理計算の最新活用事例にご興味のある方
  • 古典分子動力学や強結合近似など、第一原理計算の周辺技術にご関心のある方
  • 分光や電気伝導など、実験結果とシミュレーションの直接比較をご検討の方
  • 材料シミュレーション、電子状態計算をはじめてみようとお考えの方
こちらからお申込みください 申込〆切:7月26日(金)

プログラム

時間内容
12:30~13:00 受付
13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~13:30原子スケール材料シミュレータmatelierと関連サービスのご紹介
代表取締役 宇佐見 護
13:30~14:10

【お客様ご講演】磁性・スピントロニクス材料の第一原理計算

国立研究開発法人物質・材料研究機構 磁性・スピントロニクス材料研究拠点 磁性理論グループ グループリーダー 三浦 良雄 様

14:10~14:50

【お客様ご講演】第一原理分子動力学グラフェン成長シミュレーション

日本ゼオン株式会社 総合開発センター 基盤技術研究所 小野 裕己 様

14:50~15:05 休憩
15:05~15:25第一原理「分光」シミュレーション
技術部 主任研究員 田上 勝規
15:25~15:40古典分子動力学計算による反応シミュレーション
技術部 主任研究員 甲賀 淳一朗
15:40~16:00電子状態計算に基づく電気伝導解析
技術部 主任研究員 田上 勝規
16:00~16:30材料シミュレーションにおけるPythonツール群の利活用
技術部 主任研究員 甲賀 淳一朗
16:30~16:45 閉会の挨拶
16:45~ Q&Aならびに個別相談

※ 閉会後、お手持ちの技術課題に対する個別相談(無料)を承ります。事前のご予約をお勧めします。
※ プログラムは都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

セミナー会場

本社隣のビル、アイオス五反田 2階です。
東京都品川区東五反田1-10-7  アイオス五反田2階 会議室
アスムスアクセス

お問い合わせ先

メール:info@asms.co.jp
電話:03-6450-2531